FC2ブログ

老老(?)喧嘩



私の気分も夏休み。
なんとなくリラックスする。

生活としては大きく変わらないが
時間に縛られないことが
そう思わせているのかも。

ただでさえ異常な暑さ。
イライラも何もないのがいちばん。

であるのに、
先週、実家の母に電話をかけた時
「お兄ちゃんと大喧嘩してしまって」と。

原因は、母の通販。
もう依存といっていいかもしれない。

そもそも買い物は好きなほうだ。
スマホもパソコンも使えない母は
テレビショッピングの
『今から30分以内のご注文で』
の言葉にすぐひっかかる。

テレビは使いやすさ便利さや
利点しか言わないし
母にはそもそもレビューを調べる
という頭がないし、方法もない。

入院が続いたストレスか
この数カ月で、椅子や布団乾燥機
くっつかないフライパンなど
兄にとってみれば
「今必要だとは全く思えない物」
ばかりなのだ。

今までは内緒で買うことが通用した。
支払いは必ず代引きにしているので
必ずお届け時間には在宅しているからだ。

でも、耳が遠くなってきた今
聞こえないのではなくて
たぶん周波数の問題なのだろう
インターフォンのピンポーンという音は
特にテレビをつけていると
聞こえないことが多いようだ。

それと、歩行器の生活になってから
マンションの集合ポストを見るのは
兄の仕事になったこと。

ピンポンが聞こえなくて
不在票がポストに入れられ
兄にバレる図式。

通販で無駄遣い、の口論は
今までにも何度かあったようだが
今度は超絶に兄が腹を立て
母を叱り飛ばしたらしい。

珍しく兄からも私に電話があった。
そういうことがあったと。
たぶん、母が落ち込んで
私に電話したと思ったか
私からも注意をしてくれという
意図もあったのか。

老人の無駄遣い。
ただでさえ医療費もかさみ
この先何年生きるかも分からないのに。
兄の感覚ではそうだ。

先日兄も持病のメニエール病が出て
数日入院したことで
金銭的なことで
将来が不安になったのだろう。

兄の言い分も分かる。

使うお金の配分はちゃんとしてる
という母の言葉を信じれば
私は、好きなことをして
満足するのがいちばんと思っている。

兄が言うように
今どうしても必要な物ではないと
それは私も思うが。

でも、兄が分かっていないのは
それは趣味であって依存であって
その物の『必要性』でないのだ。
買うことで満足するのだ。

兄の本意は分からないが
私のところに電話をかけてきたのは
心配していることに変わりはない。
早速、それは母に伝えてやった。


遠くに暮らす私ができることは
ただでさえ暑いんだから
カリカリせず穏やかに暮らして、と
双方に、呑気に言うくらいだ。

兄と母の思いは永遠に平行線のまま
でも、そんなふうにして
また何もなかったかのように
暮らしていくのだろう。

それが家族、親子
というものなんだろう。




最後まで読んでいただいたあなたに感謝(´△`)

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment