FC2ブログ
猫の病気と自営の試練

猫の病気と自営の試練



昨夜、ブログを書き終えた後
黒猫が血尿を出した。
極少量だけれど。

昨日一日ささくれてしまうことになった
最初のきっかけが
この黒猫のちょっとした異変だった。

あれ?と思ったのが一昨日の夜。
膀胱炎や何らかの尿路疾患と思われる
行動を取り始めて
昨日も朝からそうだったから
尿が溜まって苦しいのではと
とても心配になった。

病院に行くべきだと頭では思っていた。
心配なまま連休を過ごすのも
耐えられないし。

でも、またお金がかかる
と思ってしまった。
夫が今、金銭面でテンパリモードだからだ。
自営とはそういうのの繰り返し。

だから、病院に行こうと言ったら
嫌な顔をされると思ったのだ。

犬猫については、元気な様子で
ご飯が食べられていれば大抵は大丈夫
というのが夫の持論。
私は過保護と言われる。


そんなのが発端で
心配で不安→夫への不満→ささくれる
という図式になってしまった。


血尿を出すまでに至り
とても反省した。

結局、診断の結果では
予想通り他の猫も罹ったことのある
ストルバイト結晶であった。
専用の療法食を食べていれば
そのうち治る。

検査の結果も尿は溜まってはいなくて
結晶によって膀胱に不快感があり
何度もトイレに入って
ちびちび出してるのではということだった。

ひと安心である。

猫風邪症状のひどい
古株猫も連れていったのだけれど
抗生物質の注射が必要と言われて
夫はその注射はおいくらですか?
と聞いていた。

やはり、よほど、テンパっているらしい。


帰りはちょうどお昼時で
ラーメンでも食べて帰ろうかと言いつつ
うーん、治療費高かったからなー
家に買い置きのカップラーメンがあったな
それ食べよう、と言われた。

ま、そりゃごもっとも( ̄▽ ̄;)
療法食も一般のより高いしね。


今回の夫のテンパリはいつまで続き
いつ安定がやってくるのか
全く分からないけれども
犬猫のこういった支出のためには
働かねばならんかな、とも思う。


夫にとっては
犬猫にかかるお金は
思いがけない痛い臨時出費
という感覚が抜けないのだと思うと
ちょっと寂しい。

あ、そうでもないか。
私の抜釘(足からボルトを抜く)手術の時も
それどーしても抜かなダメなの?
と言われたしね(;・・)



自営とはそんなのの繰り返し。
大器晩成と、どの占いでも出る夫。
晩って、いつなのー?(*´`)



20180915233552381.jpg

病院から帰ってきた時の黒猫くん。





最後まで読んでいただいたあなたに感謝(´△`)
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

猫犬ブログ
『猫まんじゅう犬まんじゅう』
お暇だったら覗いてみてね*(^o^)/*


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment